​棟下式はグッドデザイン賞2019を受賞しました。

  • Facebookの社会的なアイコン

​棟下式はグッドデザイン賞2019を受賞しました。

「別れがあって、出会いがある」

人間関係では当然のことが、建物ではどうだろうか。

空家率が年々上昇する中、お別れすることができずに、

廃墟同然で残ってしまっている建物が多くある。​

リノベーションでリユースできる建物は良いが、

耐震や老朽化で取り壊さざる得ない建物に、

ちゃんとお別れする式典があってもいいのではないか。

そんな発想から「棟下式」は生まれました。

思い出のある建物だから、

最後にありがとうを伝えたい。

ポラス・中央グリーン開発とパッチワークスは

そんな想いを大切に、愛着のある「家」への感謝と

別れの機会(棟下式|むねおろしき)をご提供しています。

現在の日本では、建物を取り壊す時に神主を招いて

式典は行うことは滅多にありません。

建物を壊し更地にして、新しい建物を建てる際に

上棟式を行う。

思い出のたくさん詰まった古家を壊すのは、

誰しも胸が痛みます。

その気持ちが取り壊しや転売を先延ばしし、

使われない空家を増やしてきます。

その想いに区切りをつけるきっかけが

今後は必要であると考えます。

建物に感謝して、次の役割を。。。。。

「思い出のある家だから」と放置され、空家になるのなら、

その気持ちを整理する儀式があってもよいのではないか。

空家が社会問題化する中で、

建物に対する思い入れに区切りをつけるために

誰にでもできる式典をパッケージ化しました。

清祓い

感謝の気持ちを込めて

思い出の昇華

古いアルバムを見ながら

当時を振り返る

リユース

可能なものは廃棄せずに

​できる限り再利用する

思い出を残す

写真や動画にして

​思い出を残していく

思い出を継承

形を変えて

​思い出を継承していく

まずはこちらのフォームよりお問い合わせください。

棟下式をもっと広めて文化にしたい。

ただ取り壊すだけではなく、

家や土地への感謝、モノを大切に思う世の中に…。